滋賀県のお土産レビュー

滋賀県のお土産レビュー記事一覧

徳川家康や山下清も食べた草津名物うばがもちを食べてみた感想

滋賀県草津市に戦国時代から続くお菓子があります。それが、うばがもちです。うばがもちや公式サイトうばがもちや 本店の口コミ | 食べログ永禄年間(1558〜70)頃のこと。現在の滋賀県は近江(おうみ)という国で、特に南近江では、近江源氏佐々木氏が勢力を持っていました。しかしそんな佐々木氏も尾張・美濃の...

≫続きを読む

 

赤こんにゃくはなぜ赤い?原料から食べ方そして通販まで

滋賀県には朱色の朱い(赤い)こんにゃくがあります。有名な赤こんにゃくです。赤こんにゃくは近江八幡市の名物と思われていますが、滋賀県全域で食べられており、今ではネット通販でも販売されています。しかしこの朱い色、いったいなぜこんな赤くしたのか?またどうやって赤くしているのかを調べてみました。理由は織田信...

≫続きを読む

 

なぜ四角?豊臣秀次ゆかりの近江八幡名物丁字麩の意外なレシピ

味噌汁などに入れる麩(ふ)って、普通は丸いですよね?でも滋賀県近江八幡市には四角い麩が存在します。それが丁字麩(ちょうじふ)です。なぜ丁字麩は四角なのか?実は豊臣秀次がその理由だともいわれています。兵糧の代わりだった?現在の近江八幡市を戦国時代に一時期治めていた豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)は、政治力に優...

≫続きを読む

 

値段、臭いそして味は?滋賀県名物の鮒ずしを食べてみた感想

滋賀県の名物に鮒ずし(ふなずし)というものがあります。これは琵琶湖で捕れた鮒の内臓をとって飯を詰め、数年間寝かせて発酵させる食べ物。保存食でもあります。近江名物とあっては、やはり近江ファンとしては食べねば!ですね。奈良時代(710〜794)の文献に記載がある事から歴史も古いたべものです。ただ、鮒ずし...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ